オフィスレイアウトの事ならオフィスのはてな?

電話代行・私書箱のポイント

電話サービス ※サービス会社により、表現が違うことがあります。

電話代行…
クライアントからの電話を、自分専用の番号で受けてオペレーターが対応。 自分の都合の良い時に、クライアントの名前や用件などの報告を受けられます。

通常は電話代行で専用の電話番号が使えるのは「受信」だけですので、こちらからクライアントにかけるには「発信」サービスも必要な場合が多いです。


電話代行(応答後転送)…
クライアントからの電話を、専用の番号で受けてオペレーターが一度対応した後、(内線のように)自分に転送してくれる。 自分が出られない場合は、オペレーターが対応し、後で報告を受けることができます。

通常は電話代行で専用の番号が使えるのは「受信」だけですので、こちらからクライアントにかけるには「発信」サービスも必要な場合が多いです。


転送電話…
クライアントからの電話を、自分の番号で受けて自動転送し、オペレーターが対応。 自分の都合の良い時に、クライアントの名前や用件などの報告を受けることができます。

名前と用件を聞くだけから、通販の受注に対応するなどサービス内容に差があるので、各会社での確認が必要です。


転送電話(応答後転送)…
クライアントからの電話を、自分の番号で受けて自動転送し、オペレーターが対応。その後、自分のケータイなどに電話を転送してくれる。 自分が電話に出られなかった場合、自分の都合の良い時に、クライアントの名前や用件などの報告を受けることができます。

名前と用件を聞くだけから、通販の受注に対応するなどサービス内容に差があるので、各会社での確認が必要です。


逆転送…
クライアントからの電話を、自分専用の番号で受けて、自分のケータイなどに自動転送。自動転送なので、24時間365日電話を受けることができます。

通常は電話代行で専用の電話番号が使えるのは「受信」だけですので、こちらからクライアントにかけるには「発信」サービスも必要な場合が多いです。


発信…
自分が電話をかけるとき、自分専用の番号で発信。クライアントのナンバー表示部分に、自分専用の電話番号が表示されます

発信サービスのみを行っているところは少ないようですが、問い合わせれば対応してくれることもあるので、相談してみましょう。


私設私書箱(レンタルポスト) ※サービス会社により、表現が違うことがあります。

私設私書箱(レンタルポスト)…
ライアントからの郵便物を、サービス会社の住所で受け取ることができます。 郵便物は、私書箱提供会社まで取りに行くか、または郵送してもらいます。

大量に転送する必要がある場合は、転送費用は別に設定されている場合もあるので、転送費用をチェック しましょう。


バーチャルオフィス ※サービス会社により、表現が違うことがあります。

バーチャルオフィス…
電話代行、私書箱、施設利用などがセットになっています。 専用スペースを借りないので、ずっと安いコストで、一般的なオフィスに近い形で仕事ができます。各会社によって、サービス内容は大きく変わる場合もあるので、比較検討が大事。

設備の整ったレイアウトの会議スペースやミーティングルームなどを時間単位で貸してくれるところもあるので、詳しくは各会社に問い合わせてみましょう。



オフィスレイアウトすること
オフィスを効率的に使うためのレイアウト、働きやすい環境をレイアウトすることが第一。人が心地よいと感じる基本の要素を盛り込み、レイアウトしていきます。
レイアウトを業者に頼むことに、必要性を感じない方もいらっしゃるでしょうが、レイアウト業者は、レイアウト事例として様々なデータを持っているので、結果的に使いやすいレイアウト、効率的なレイアウトへの近道となります。
レイアウト業者によっては、物件探しから、レイアウトにあわせた家具まで全て手配してくれるところもあるので、レイアウト業者をうまく活用して、効果的なオフィスレイアウトを実現させましょう!

オフィスレイアウト業者の多くは、オフィスのレイアウトデザインは無料というところが多く、またサイト内で、レイアウトをシミュレーションできるサービスを持つオフィスレイアウト業者もあります。
そうしたサイトでオフィスレイアウトについて考えてみませんか?

-

-