風水で考えるオフィスレイアウト

風水で考えるオフィスレイアウト

「風水学」は古来中国に伝わる学問で、今で言う「環境学」。

オフィスの風水とは、オフィスでの氣(※「気」は「エネルギーを閉めだす」という意味があるためあまり使われず、エネルギーをあつめてながすという意味の「氣」がよく使われます)の流れをあやつり、運氣を上げるというものですが、その工夫は、居心地の良いレイアウトのオフィスを創るのにも最適です。


風水の基本

もともと風水は、いい氣のながれがある地形を探して都を建設して繁栄を築かせるために古代中国で発展した学問。

ですから、風水を観るときは、まず、その建物が建っている場所や地形、山の位置、道路のむき・形状、建物玄関のむきなどに着目します。その後、間取りやインテリアなどのレイアウトを工夫することで氣のながれを調整していきます。


風水レイアウトをする上で特に避けたいポイントとは?

「風通しの良い会社」と言われるように、風の流れは氣の流れを表す大事なポイント。風の通りが悪く、空気が淀んでいるところはないかチェックしましょう。

氣の流れを考えた上で好ましくないのは、ドアと窓をつなぐ直線状にデスクがあるレイアウト。入ってきた氣が直接人に当たるので、疲れやすく、仕事も長続きしません。この場合、入り口に衝立やパーテーション、観葉植物などを置いて氣を和らげます。

また、経営者がドアや窓に背を向けて座っていると、集中力が散漫になりビジネス運を逃がしてしまうと言われています。経営者は、できるだけ出入り口と反対の、壁を背にして座るようにレイアウトしましょう。


やる気と仕事運をUPさせる風水アイテムとは?

職場には、ストレスが多い様々な氣が入り乱れています。

働く人のストレスを少なくすることで仕事への勘が冴え、少ないエネルギーで大きな効果を発揮することができます。風水アイテムで、停滞している氣の流れを活性化します。


オフィスに観葉植物・生花を置くレイアウトを採用

黄・赤・オレンジなどの花を目にすると前向きな気持ちになります。スタッフの目にふれるところに植物を置くレイアウトにすることで、目の疲労の軽減にもつながります。ただ、さぼてんのような見た目がとげとげしいものは×。


盛り塩をする

盛り塩は氣の乱れを整えるのに効果があります。裏鬼門(東北方位)、表鬼門(南西方位)は特に陰陽の気が拮抗し、バランスを崩しやすい方位なので盛り塩をしましょう。

また、パソコンや電子機器など電磁波を発生させる機器の近くに置くのも、乱れた氣を整えるのに有効的。


照明は明るくして音楽をかける

暗く、雑然としたオフィスではやる気も出ません。レイアウトとして、ワークスペースの照明はできるだけ明るく、音楽を流しましょう。ワーカーの脳を活性化させるとともに、オフィスの氣も活性化してくれます。


整理整頓。不要なものは捨てる

風水の基本である整理整頓。いらないもの・古いもの・使わないものなどには淀んだ氣がこもりがち。特に氣の流れに重要な部屋の中心には空間を作るレイアウトにし、すっきりとしたレイアウトのオフィスを心がけましょう。



-