風水で考えるオフィスレイアウト

風水に基づいたオフィスレイアウト

オフィスレイアウトを行う前にまずチェックするのは、窓から見える景色。窓越しに周囲の風景とそぐわない極端な形の建物が見える場合や、道路のカーブの外側が近い場合などは、ブラインドなどで視界から遮る工夫をします。

風水的にオフィスの形は方形がベスト。もし、オフィスの形が三角形なmど角があるようであれば、本棚や観葉植物などをレイアウトして形を整えます。


大人数のオフィスでの風水的オフィスレイアウト

ポイントになるのは、机とドアの位置。氣の流れをさえぎる型でレイアウトされたデスクに着いている方は、精神的に落ち着けず、集中力に欠け、仕事が長続きしなくなると言われています。

また、バスルームやトイレ、水場などが直接仕事場とつながるレイアウトは避けたいところ。風水では、水は大変に強い影響をもたらすとされているため。水に関するものは、完全に別の場所にレイアウトするのが理想です。

コピー機もエネルギーの場をかなり混乱させます。コピー室に分けるなど、オフィスや机から離れた場所にレイアウトするほうが良いでしょう。


このようにドアと一直線上にある2つの席は風水的には最悪といっていいでしょう。仕事が長続きしないはずですが、そうとは知らずに退職してしまうかもしれません。

-


このレイアウトでは、ドアと反対側の奥にあるコーナーの2つの席だけは仕事に関して有利です。ドアの直線上にいる2人は仕事が長続きしないはずですが、そうとは知らずに退職してしまうかもしれません。ドアのそばの壁の前にある席にいる人は、机からドアが見えないため、常に不安感にさらされるでしょう。

-


窓やドアの正面に座るのは、氣の通り道となるので、落ち着いて仕事ができません。心理学から見ても、人間は入り口に背を向けるとふいに襲われそうな気がして落ち着きません。同様の理由で窓を背にするのも落ち着かなくなります。また、窓でなく鏡を背にして座っても、同様に絶えずはね返ってくるエネルギーを受けることになります。

-


このレイアウトでは、部屋の奥の真向かいにドアがあります。ですからその席にいる人は絶えず部屋に入り込んでくるエネルギーのターゲットになってしまいます。もし、この位置に座るのであれば、大きめの背もたれがついた頑丈なチェアを使用しましょう。

部屋の両側の席については、流れからそれており、背後には壁という支えがあるので◎。

-


個人スペースでの風水的オフィスレイアウト

オフィスのドアが一つに窓が一つ、そして、デスクと来客用のイスの配置とは?

このオフィスレイアウトでは、デスクが無防備な位置にあります。氣は椅子をまともに横切って、ドアから窓へ通過していきます。その影響で落ち着かない感じになるでしょう。

背後が無防備なので、その感はいっそう強まります。壁と向き合っているので圧迫感を感じるかもしれません。

-


このレイアウトは、壁に向かっていた上記のレイアウトより、いっそう無防備な状態を示します。

窓の外を見られるので圧迫感はないかもしれませんが、ドアに背を向けるので背後がいっそう無防備となり、首や頭の後ろがドアと窓の間を流れるエネルギーに直接さらされてしまいます。

-


これならデスクに着いていても部屋に誰が入ってきたのかよくわかり、来客を歓迎している部屋ともいえます。

でも、机の前は壁に妨害されており、背後にも支えがなく、さらにドアと窓の間を流れるエネルギーにさらされて座ることになるので、オフィス内にグリーンを置くなどの工夫が必要です。

-


このレイアウトならドアと窓の間を流れるエネルギーからそれ、ドア方向もまっすぐ見渡せます。背後の一部が窓にさらされていますが、窓にブラインドを下ろせば○。

来客の位置はあまりよくありませんが、来客がここに座るのは一時的なことなのでかまいません。

-


来客の位置はあまりよくありませんが、デスクの位置関係はベスト。

前にはスペースがありドアも見え、氣の流れにさらされることもありません。ポイントは壁の棚が頭上にこないように気をつけることです。

-


オフィスレイアウトすること

オフィスを効率的に使うためのレイアウト、働きやすいオフィス環境をレイアウトすることが第一。人が心地よいと感じる基本の要素を盛り込み、レイアウトしていきます。

オフィスのレイアウトを業者に頼むことに、必要性を感じない方もいらっしゃるでしょうが、オフィスレイアウト業者は、オフィスのレイアウト事例として様々なデータを持っているので、結果的に使いやすいオフィスレイアウト、効率的なオフィスレイアウトへの近道となります。

-

-