オフィスレイアウトの事ならオフィスのはてな?

酒席・宴席でのお付き合い

会社でのお酒の席があるのですが…
お酒が苦手! & 飲み会でのマナーとは?


お酒が飲めないんですが…

お酒が飲めないという人は、自分が「お酒を飲めない体質である」ことを先にハッキリと言っておきましょう。新人歓迎会などで、無理やり一気飲みさせられて死亡したケースもあります。断る理由には「自分は昔、お酒を飲んで意識不明になった」くらいの嘘もアリでしょう。

また、お酒を飲めなくても、その場の雰囲気になじんで一緒に楽しめるなら、それで十分。職場の仲間にも、酒は飲めなくても、楽しい人だと認識してもらえるでしょう。

お酒の席の雰囲気も苦手、というのであれば、断っても大丈夫。嫌々ながらに参加されるほうが、誘った人は嬉しくないでしょう。ただ、断るにしても、その場しのぎの嘘をつくのは×。「うそつき」のレッテルを貼られ、人間的に信用されなくなってしまいます。断るなら、ハッキリと「お酒が苦手だから」と伝えましょう。

ただ、必要最低限の歓送迎会などは、仕事と思って出席するべき。同じ時間を共有した分だけコミュニケーションが容易になるのは、人の常です。

-


飲み会でのマナー

新入社員を迎えて会社での最初の飲み会が、歓迎会。先輩や上司は、新人を歓迎することはもちろん、その新人の性格や特性をいち早くつかみたいと思っています。酒の席だからと、羽目を外しすぎるのもよくないですが、あんまり他人行儀だったり、自分の素顔を見せないように取り繕ってばかりでは、「警戒心が強い」とか「協調性がない」なんて第一印象をもたれてしまうかもしれません。

飲み会の席でも基本は、やはり気を遣うこと。箸が足りる足りない、お酒がこないなどの気配りを忘れずに。けれど、あまり慣れているからといってでしゃばりすぎるのはNG。

お座敷であれば、一度はお酌にまわりましょう。テーブル席の場合は、わざわざ立ってお酌にいかなくても免除してもらえるようです。


会社の宴席では、適度に気を遣い、色んな人とコミュニケーションをとって、ほどほどに楽しめば◎。

-


飲み会での会話

お酒の席は、初対面の方とも会話をするチャンス!相手のことがわからない以上、とにかくなんでも話してみて、相手が反応した話題を敏感に感じ取って、話を広げていきましょう。

もし、口をすべらせたり失礼なことを言っても、お酒の席ということで、すぐにあやまれば大事になることもないでしょう。調子に乗りすぎることは禁物ですが、酒の席では、普段なかなか話せない上司や先輩に話を聞くチャンスと思い、どんどんコミュニケーションをとってみましょう。そうして、目上の方や初対面の方との会話に慣れるところからはじめていきましょう!

-


飲みすぎに注意!

飲み会の後でやってはいけないのが、飲みすぎによる体調不良。度を越したアルコールを摂取して、次の日の業務に支障が出るようであれば、社会人として失格です。もし、次の日に仕事があるのであれば、お酒をほどほどにとどめるなどの常識を持ちましょう。

一年に一度くらいの失敗なら大目に見てもらえるかもしれませんが、たびたび飲みすぎて次の日の業務に支障をきたすようであれば、だらしない人とのレッテルをはられることになります。


-