オフィスレイアウトの事ならオフィスのはてな?

理想的なオフィスの温度と湿度

オフィスの温度と湿度の指標

一般的に、湿度は45~60%、温度は25度くらいが理想とされています。乾燥しがちな冬でも、湿度を30%以上を保つように心がけましょう。


例えば夏、健康によい室温は『27~28℃』といわれていますが、この温度設定で冷房しても、あまり涼しく感じられなかったりします。室温27~28℃の場合、湿度が60%以上あると涼しく感じないのですが、50%以下になれば快適に感じます。逆に、冬場は湿度が10%など低い状態だと、なかなか暖かく感じません。

-


手軽に行う温度・湿度対策

広いオフィスになるほど、フロア全体を快適に、全員にちょうど良い温度・湿度を保つということは不可能です。体格や服装の違いでも体感温度や湿度が変わってくるからです。ですから、心地よいと感じるように自分で工夫することも必要です。

例えば、空気の乾燥を防ぐために、濡れたタオルやコップに入れた水を置く、邪魔にならない程度の観葉植物を置く。暑いと感じるのであれば、風通しの良い素材を選んだり、小型扇風機を購入してデスクに置いてみてはいかがでしょう。

-


オフィスの換気をしましょう!

快適な環境を作る一歩として大事なのは、換気することです!気密性にもよりますが、特に高層階のオフィスなど、普段から窓を開けることが極端に少ない場合では、空気の入れ替えがされずに、淀んでいる、と感じる方も多いようです。

また、換気を行わないことは、身体にも影響を与える場合があります。


シックハウス症候群は、公害として広く知られてきましたが、オフィスにもシックビルディング症候群という問題があります。専門業者による定期的な清掃やワックスがけ、薬剤散布などで症状が起こる場合があります。(>>詳細は観葉植物を使ったオフィスレイアウトに掲載)

空気が淀むことは、風水的にもよくないので、こまめな換気をこころがけましょう。(>>詳細は風水で考えるオフィスレイアウトに掲載)


晴れた日には窓を開けて、オフィス内に風を通したり、換気扇をまわすなどの工夫をしましょう。

また、雨の日は室内に湿気が溜まりやすいと、換気を避けてしまいますが、湿度は屋外よりも室内の方が高くなるのが普通ですので、雨が入らない窓や換気扇を開けて、ある程度換気をしたほうが、室内の湿度を低くすることができます。

-


空気を動かして温度管理

よく暖房をつけていると、足元は寒いのに、顔がほてって辛いということがあるようです。温風の吹き出し口が天井近くについていたり、人に直接あたらないように、噴出し口が上部を向いていたりもしますが、元々温かい風は部屋の上部にたまるため。

冬でも、天井に向けて扇風機をまわして室内の空気を動かすことで、部屋の温度の不均衡を改善することができます。

加湿器を導入する際には、お湯を沸かして湯気の出るタイプがおススメ。霧の出るタイプは、OA機器に直接かかると機器にたいしてよくないのと、温められていない霧が出るので多少肌寒く感じられるためです。

-

-