オフィスレイアウトの事ならオフィスのはてな?

拠点開設準備チェックリスト

◆拠点開設フロー
拠点開設には、なるべくコストを掛けず、スピーディーに行いたいものですよね。
オフィスレイアウト業者をうまく利用できれば、物件探しから、オフィス家具、OA機器の一括納入、オフィスレイアウト、引越しまで面倒を見てくれるところもあります。
新しい拠点の使い方などを考え、必須条件や希望条件をまとめておくと、物件を絞り込みやすくなります。
オフィスのリニューアルが必要な場合に役に立つリニューアル概算費はこちら


STEP_1
オフィスの物件調査と各種スケジューリング
立地や予算などを考慮しつつ、物件不動産情報を探しましょう!業者によっては、オフィスプランニングとして、条件にあった物件を無料代行で探してくれるサービス有!候補物件の調査と実測、必要な機能スペースをおおまかに位置取りするゾーニング計画を立てましょう。
STEP_2
オフィスレイアウトプランニング
思い描くオフィス(事務所)に関する様々なご要望等をオフィスのレイアウトとして形にしていきましょう!困ったときには、オフィスレイアウト業者などと相談してみるのも効率よく進めるコツです。概算の見積もりで検討材料に。
STEP_3
オフィスレイアウト作成
人数・設置する機器などを考慮して、新拠点のレイアウトを作成していきましょう。その時に、必要になるのは、置く機器などのサイズ。引越しの時にも役立つ上、見栄えなどにも関わってくるので、机や棚など、大物の荷物のサイズ計測は必須です!最終的な工程スケジュールを組みます。
STEP_4
税務署・市町村役場などに各種書類提出
法人登記、税務署・市町村役場などに各種書類提出を忘れずに提出しましょう。廃棄物など、思わぬところで、時間が掛かってしまうところもあるので、移転時期などが決定しだい、早めに手続きを済ませましょう。
STEP_5
オフィス内装と通信インフラ工事
新オフィスへの移転の日程が決まったら、移転日から逆算して、内装工事や通信設備工事、電気・消防設備工事などの効率的なスケジューリングを組みましょう。内装の不具合があった場合などを考えても、余裕を持った日程での発注が鍵!
STEP_6
完成!オフィス什器搬入
新品や中古品・アウトレットなどを織り交ぜれば、使いやすく、かつ拠点開設のコスト削減も可能で、支店長も大喜びです!
NO. オフィス拠点開設準備チェック項目 担当者名 チェック
1 レイアウト作成(什器・備品の配置などを決定)  
2 什器備品搬入・工事スケジュールの作成(作業日程・担当者決め)  
3 レイアウトに沿って各種什器・備品・各種工事の発注  
4 NTT等への電話申込み  
5 名刺・封筒・印章・伝票などの手配  
6 ビル管理者への挨拶(作業届け)  
7 関係官庁への届出(登記所・税務署・労基署・社保)  


オフィスレイアウトすること
オフィスを効率的に使うためのレイアウト、働きやすい環境をレイアウトすることが第一。人が心地よいと感じる基本の要素を盛り込み、レイアウトしていきます。
レイアウトを業者に頼むことに、必要性を感じない方もいらっしゃるでしょうが、レイアウト業者は、レイアウト事例として様々なデータを持っているので、結果的に使いやすいレイアウト、効率的なレイアウトへの近道となります。
レイアウト業者によっては、物件探しから、レイアウトにあわせた家具まで全て手配してくれるところもあるので、レイアウト業者をうまく活用して、効果的なオフィスレイアウトを実現させましょう!

-


-