オフィスレイアウトの事ならオフィスのはてな?

レイアウトで部署区別の無料オフィスレイアウト事例

部署ごとの作業内容がまったく違うため、明確にスペース分けをしたいというI社様。

背の高いパーティションの使用で区切るのではなく、デスクの配置やレイアウトで部署分けを行うことに。

また、会議スペースには防音と機密保持のために個室のように独立させることになりました。

◆個人作業スペースの確保

パーティションで区切らずに個々のデスク作業スペースを確保するのに、よく使われるのが、クリエイティブタイプのデスクレイアウト。背面体勢で1つのチームになるので、自分の作業の集中でき、かつ、1つのモニターを見ながらのミーティングなどもしやすいです。

また、デスクの幅を調節することで、オフィスのデザインにぴったりはまるレイアウトができ、見た目にもスッキリします。


◆収納室の設置

オフィスの一角を収納スペースとすることで、オフィス内に余計な棚などを設置する必要がなくなり、動きやすい「余白」を作れます。収納室にデスクを置き、資料を拡げての打ち合わせや、一人の調べ物などに対応させました。

オフィスの入り口付近にクライアントとのミーティングスペースを設け、奥に資料室を置くレイアウトは、会社の機密保持にも役立ちます。

supported by オフィスレイアウト


オフィスレイアウト作成は無料サービス?

多くのオフィスレイアウト会社では、レイアウト料は無料!というところが多い。せっかくならば、数社からレイアウト案を提出してもらい、比較検討するというのも手。デザイナーによって、得意不得意が無いとは言い切れないため。

会社がイメージするオフィス像に一番近いオフィスレイアウトをしてくれるのはどこか、を見極めるのも大事なポイントですよね。そこで、自分達の意見に耳を傾け、よりよい提案をしてくれるレイアウト会社を選びたいものです。

豊富なレイアウト事例から、イメージを掴んでいきましょう!


-