観葉植物を使ったオフィスレイアウト

観葉植物を使ったオフィスレイアウト-オフィスレイアウトのヒント

観葉植物がオフィスの生産性を向上させる?

シックハウス症候群は、公害として広く知られてきましたが、職場にもシックビルディング症候群という問題があります。専門業者による定期的な清掃やワックスがけ、薬剤散布などで症状が起こる場合があります。現代の職場環境は、空調され、外部の騒音などにより仕事に支障が出るのを避けるため、窓を開けることをしません。都心部などの高層ビルなどでは、特にその傾向があります。

また、建物からの影響は無い場合でも、仕事で取り扱う資材や商品などから有害物質が出ている場合もあります。


職場にレイアウトされた観葉植物は、そうした空気清浄機でも取り除けない有害物質を除去する作用があります。また、ワークスペースにレイアウトされた植物は、疲れた目を休ませリフレッシュさせる効果もあります。

来客スペースとともに、多くのスタッフが見えるように、ワークスペースのレイアウトを考慮し、観葉植物をワークスペース内に適度に配置しましょう。


植物を置くことで期待される効果・効用。


1. 空気中の汚染物質を浄化
空気正常能力ベスト5(財団法人日本花普及センター調べ)
1. スパティフィラム…80%
2. コンシネ…79%
3. アオワーネッキー…78%
4. ポトス…73%
5. マッサンゲアナ…70%


2. 室内温度が上昇
植物の種類や量にもよりますが、特に冬場は、湿度を乾燥状態の30%から人が快適だと感じる50%~60%に上昇させることができます。


3.マイナスイオン濃度が上昇
マイナスイオンは、人体の血液中のカルシウムやナトリウムに作用し、血液中の弱アルカリ化を促進してくれるといわれています。


4. 視覚疲労が緩和・回復
植物に囲まれると、脳波の精神の安定状況を示すα波が増え、血圧が低くなり、心拍数が減少するというデータがあります。

スタッフの目につきやすいところに植物をレイアウトしましょう。


5. 作業効率がアップ
植物により、豊富に酸素が供給されることで、脳は活性化され、頭の回転が良くなります。

職場内に植物を置くゆとりのレイアウトを行うことで、スタッフの集中力UPにもつながるでしょう。



アメニティとは、気候や場所・建物などの空間の「快適さ」を表す言葉です。

職場レイアウトが機能的だと、そこで働く人も快適であるといえます。しかし、ワーカーが人間として快適かということは別問題です。

オフィスレイアウトが機能的なのはあたりまえ。それ以上に「このオフィスで働きたい」という気持ちになることが大切ですよね。


「色彩計画」、「植栽計画」、「オフィスアート」など、空間レイアウトに対する考慮がされている職場は、ワーカーに精神的な余裕を与え、それが間接的に生産性向上につながるといわれています。


ワークスペースにレイアウトされた観葉植物は、パソコン作業などの執務で疲れた目を休ませ、リフレッシュさせる効果があります。また、二酸化炭素を吸収すると同時に室内のホルムアルデヒトやカビ、細菌なども吸収してくれます。

フィトンチッドや酸素を放出することによって、清潔な室内環境を作り出してくれます。 さらに、植物には適度な保温加湿作用があり、冷房や暖房による室温低下や空気乾燥などからワーカーの身体を守ってくれる効果があります。


緑色にはもともと、疲れを癒す効果や緊張を緩和させる心理的作用があるとされているので、人工植物でもそれなりの効果はありそうです。中には、葉にコーティングされた酸化チタンを太陽光や蛍光灯の光にあてることで、脱臭、シックハウス対策、抗菌効果をもたらす人工植物もありますが、やすらぎ感を与えてくれるのは、やはり本物の植物にはかないません。


一般的に、休憩室というと部屋の隅に作られがちですが、オフィスの中央に設けることで、社員が集まりやすい快適なラウンジに生まれ変わります。

グリーンに囲まれた休憩スペースがオフィスの真ん中にレイアウトされてある。そんな余裕が感じられるオフィス、素敵ですよね。

植物を効果的に使ったレイアウトで、職場環境の向上を目指しましょう!



-