オフィスレイアウトの事ならオフィスのはてな?

オフィスレイアウト用語集

>>用語|         
  •  あ
  • アロマコロジ- 【Aromachology】
    香りによって疲労回復を図るなど、人間に対する影響を検証した理論。最近では、香りを利用した空調によってオフィスを快適にする事もあります。
  • アンビエント照明
    事務室の天井面や壁面などに照明を設け、部屋全体を均一に照明する全般照明方式です。その他の照明方式として、作業場所を対象に必要な場所にだけ照明を行なうタスク照明、2つを併用するタスクアンドアンビエント方式などがあります。
  • エルゴノミクス 【Ergonomics】
    人間が使用する機器・家具・環境・建物などを科学的に分析して、その結果に基づき快適で疲労の少ないものにしようとする工学面からのアプローチ。労働環境として肉体的・精神的疲労を最小限にすることと、さらに心理的ゆとりや息抜き、気分転換を図ることなどが挙げられます。
  •  か
  • 間接照明 【Indirect Illumination】
    照明光源の中心を通る水平線の上方向に、照明光源の光束の90%以上が放射される照明方式。ランプからの直接光をカットし、照明器具の反射板や造営材の反射光により間接的に行います。やわらかい光を演出する際に使われる照明方法です。
  • 輝度 【Luminance】
    一方向から見た面の明るさの程度。光を発散する面の一方向への単位面積当たりの光度を表します。
  • 輝度対比 【Luminance Contrast】
    見ようとする対象物とその周辺や背景との輝度の違いの程度を表します。視野内の輝度の変化が大きいと視線を動かすたびに輝度に順応する必要から目の疲労を招くことになります。また VDT作業においても、CRT面内に照明などが移り込み、画面文字の輝度対比が低下するため視作業に影響を与えてしまいます。VDT作業環境では適切な輝度対比を保つことが重要になってきます。
  • グループアドレス・オフィス【Group Address Office】
    省スペースと一人当たりの作業面の拡大を同時に図るため、グループ単位でゾーンを決めて、社員数より少ない台数の共用のワークステーションを設置する方式です。同時刻にワークステーションの許容以上の複数のワーカーが重複しないように予約するのが特徴です。
  • グレア 【Glare】
    視野内に輝度の高いものがあったり、輝度差が大きいことにより、視認性の低下や不快感を感じる現象のことを差します。光源や明るい窓面が直接影響する場合と、物体面が明るく反射する場合、照明などがパソコン画面に映り込む場合などがあります。
  • コラボレーション 【Collaboration
    通常は共同作業と訳しますが、最近では協働作業ともいわれています。プロジェクトチームのような連続した共同作業ではなく、創造や創出を目的とした人的協業関係のような概念を差します。さまざまな背景を持った人間がある目標に向けて協力して、新しいアイディアを創発することで、特にコンピュータネットワークを利用して従来にない発想を得ることを目駅とします。異なる分野の専門的な知識や能力を持つ人々が個々の発想でお互いに補完するということのみならず、あらゆる切り口から見ることで、新たな視点を見いだし、新しい考え方を創出していくことです。
  •  さ
  • サテライトオフィス 【Satellite Office】
    通勤問題の解消、余暇時間の生成・活用によるワーカーの生活向上、良好なオフィス環境の提供、オフィスコストの低減などを目的に、郊外の住宅の近くにオフィスを設けること。独立性の高い業務部門に適用されることが多いです。
  • シェアード・オフィス【Shared Assigned Office】
    スペースの有効活用のために、2人以上のワーカーが異なった時間にワークステーションを共有する形態です。
  • ジャスト・イン・タイム・オフィス【Just-In-Time Style Office】
    半日から数日にわたり共用するスペースやワークステーションを予約して使用する方式です。
  • センターオフィス 【Central Office】
    分散型オフィスに対して、統括的な役割を果たす核となるオフィスを差します。
  • SOHO 【Small Office & Home Office】
    スモールオフィス(Small Office)・ホームオフィス(Home Office)の略で在宅勤務や小規模なオフィス形態を差します。両者の違いは明確ではありませんが、一般的にスモールオフィスは独立した個人(自営業)が在宅勤務をしたり、小さなオフィスを構えて仕事をすることをいい、ホームオフィスは組織体に属するワーカーが、自宅を利用してオフィスを持ち在宅勤務をすることをいう場合が多いです。
>>用語|         

-